あまり勝率が良くなかった手法

売られすぎ・買われすぎ

初心者の頃、(今もまだまだ勉強が必要ですが)
インジケーターのRSIに頼りきって、それだけを根拠にエントリーしていました。

RSI
相場の売られすぎ・買われすぎを判断するグラフのようなもの。オシレーター系インジケーター。
 

mina
売られすぎてるんだから、そろそろ買われるだろうな。(根拠それだけ・・^^;)
 
 

スポンサードリンク




 

しかしそんなに甘くなかった!!

結局のところ、この手法では勝率は5割以下でしたね(´;ω;`)

mina
売られすぎていても、相場の勢いが強い時はどんどん売られるし、買いも同様。
 
決してRSIをディスっているわけではありません(汗)
RSIは参考になります!
しかしそれだけが根拠ではいけないよ。ということです。
 
これはRSIに限ったことではなく、
インジケーターだけに頼っていては勝てないと思うのです。
 
じゃどうすればいいんですか!?
mina
いや怒らないで・・・・・
 
 
 

大切なのはローソク足

1番はローソク足だと思っています。
インジケータって、ローソク足をもとに作られているわけですし。
 
そしてインジケーターって見ている人、見ていない人様々でしょうが
ローソク足はほとんど皆見ていますよね。

mina
ローソク足大事!!
 
 
 

プライスアクションの勉強がおススメ!

【プライスアクションとは?】
ローソク足の動きそのものに注目して、投資家心理を読み解き相場状況を判断していく分析方法。
 
ぶっちゃけますが
私が勝てるようになってきたのは、プライスアクションの勉強をしてからでした!!
 
 
 

スポンサードリンク




 

まとめ

インジケーターは参考にはなりますが、それだけでは勝てないと思います。
ローソク足の動きの勉強をしっかりすることが1番大切です。
 
勉強も1回だけでなく、何度も何度も復習して暗記するくらいまでしなきゃですね(←自分に言い聞かせ・・・( ̄▽ ̄;)
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
ランキングに参加しています。

FXバイナリーオプションランキング
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村