バイナリーオプション【用語集】

バイナリーオプション用語集

mina
バイナリーオプションをはじめ、投資の勉強をしているとたくさんわからない専門用語が出てくると思います。
用語集を作ってみましたので参考になりますと嬉しいです。
 

スポンサードリンク


 

■<あ>

【あ】
・RSI・・・オシレーター系のテクニカル分析。相場の買われすぎ・売られすぎがわかる。
 
RCI・・・オシレーター系のテクニカル分析。相場の買われすぎ・売られすぎがわかる。長期の設定にも強い。
 
 
 
【い】
行き詰まり線・・・上昇相場(下降相場はその逆)において大陽線の後に出現する小陽線。かつ前回の高値を抜けなかった陽線の組み合わせ。陽線の連続なので買いが強そうに見えるが、売り注文も相当数入ってきたことを意味する。
 
抱き線・・・包み線とも言う。前のローソク足を完全に包み込む、大陰線・大陽線の組み合わせ。前のローソク足を完全に包み込んだということで、今までの勢力を一掃するほど強い切り替えしのエネルギーを持っているとされ、転換の予兆と言われている。
 
・一目均衡表・・・相場は買い方と売り方の均衡が崩れた方向に動くとの考えに基づいて作られた、時間論・値幅論・型譜・スパンなどで構成されたチャート分析法。
 
移動平均線・・・一定期間の平均価格の値を線でつないだもの。(私は短期・中期・長期の3本を表示しています)
 
・陰線・・・ローソク足の種類。高く始まって安く終わると(始値>終値)「陰線」になる。

 
・インジケーター・・・チャートのテクニカル分析に使うテクニカル指標のこと。為替レートのデータを様々な計算で加工したもの。オシレーター系とトレンド系がある。
 
 
 
【え】
ADX DMI・・・トレンド系のインジケーター。トレンドの強さがわかり、トレンドの始まりや終わりの目安となる。
 
・エクスパンション・・・ボリンジャーバンドが広がっていく現象。強いトレンドの予兆。

 
MT4・・・メタトレーダー4。世界中で利用されているFXソフト。チャートソフトとしても利用されている。
 
・エリオット波動・・・「上昇」は5波・「下落」は3波のサイクルがあるという考え方。

 
 
 
【お】
・押し目買い・・・チャートが上昇している局面で、一時的に下がったタイミングを見計らって買いの注文を入れること。(HIGHエントリー)
 
押し安値・・・直近最高値の1つ前に位置する安値のこと。
 
・オシレーター系(インジケーター)・・・相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するもの。主に逆張りに向いていると言える。
【代表的なもの】MACD、RSI等
 
 
 
 

■<か>

【か】
・下降相場・・・高値と安値が切り下がって右肩下がりになっている相場

 
 
 
【き】
・逆張り・・・反発するタイミングを狙ってエントリーすること。

 
 
 
【く】
・雲・・・一目均衡表で表示できる。雲の中は値動きが不安定と言われており、エントリーを避けた方が良いかも。
 
 
 
【け】
毛抜き底・・・相場の安値圏において連続する2つのローソク足の安値が同値となっている場合。安値にはチャレンジするけれど、抵抗線に押し返されている状況。上昇トレンドの入り口といった可能性が高い。抵抗線を下抜けるほどの売りエネルギーが無いため、安値圏の出現は底のシグナル。
 
毛抜き天井・・・相場の高値圏において連続する2つのローソク足の高値が同値となっている場合。高値にはチャレンジするけれど、抵抗線に押し返されている状況。下落トレンドの入り口といった可能性が高い。抵抗線を上抜けるほどの買いエネルギーが無いため、高値圏の出現は天井のシグナル。
 
 
 
【こ】
・ゴールデンクロス・・・移動平均線の短期が長期を上抜けすること。上昇への転換の予兆。

 
 
 
 
 

■<さ>

【さ】
酒田五法・・・江戸時代に本間宗久によって編み出された相場分析方法。
米相場で巨万の富を築き上げ、ローソク足も考案されたと言われている。三山、三川、三空、三兵、三法がある。
 
サポートライン・・・別名「下値支持線」相場の安値同士を結んだ線。
 
 
 
【し】
時間足・・・1本のローソク足を何分で描くのか?ということを表したもの。例えば「5分足」なら5分で1本のローソク足が描かれる。他に1分、30分、1時間、4時間、1日、1週間、1ヶ月等がある。
 
・順張り・・・相場の勢いに乗ってエントリーすること。

 
・上昇相場・・・高値と安値が切りあがって右肩上がりになっている相場。

 
 
 
【す】
・スクイーズ・・・バンドの幅が狭まっている状態。レンジ相場になっている可能性を意味している。

 
ストキャスティクス・・・オシレーター系のテクニカル分析。グラフにより相場の買われすぎ・売られすぎがわかる。ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスがある。

 
スパイク・・・プライスアクションの種類の1つ。ヒゲが非常に長いローソク足。(ヒゲが実体の3倍以上)スパイクハイやスパイクローがある。相場の「転換」の予兆を示す。
 
スラスト・・・プライスアクションの種類の1つ。トレンドの発生、継続を表す。スラストアップ・スラストダウンがある。
 
 
 
【そ】
・相場・・・価格の推移を表す。
 
・ソーサートップ・・・チャートパターンの1つで、ローソク足の動きが高値圏で張り付いたようになること。その後下落に転じる可能性が高い。
 
・ソーサーボトム・・・チャートパターンの1つで、ローソク足の動きが底値圏で張り付いたようになること。その後上昇に転じる可能性が高い。

 
 
 

■<た>

【た】
・ダウ理論・・・全てのテクニカル分析の元祖とも呼ばれている重要な理論。6つの基本原則からなる。
①価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
②トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
③主要なトレンドは3つの段階から形成される
④価格は相互に確認される必要がある
⑤トレンドは出来高でも確認される必要がある
⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する
 
 
 
【つ】
・通貨ペア・・・売買する2国の通貨の組み合わせ。ドル円(USD/JPY)、ポンド円(GBP/JPY)、ユーロ円(EUR/JPY)等がある。
 
包み線・・・抱き線とも言う。前のローソク足を完全に包み込む、大陰線・大陽線の組み合わせ。前のローソク足を完全に包み込んだということで、今までの勢力を一掃するほど強い切り替えしのエネルギーを持っているとされ、転換の予兆と言われている。
 
 
 
【て】
・テクニカル分析・・・過去の相場の推移から価格を予想すること。
 
・デッドクロス・・・移動平均線の短期が長期をした抜けすること。下降への転換の予兆。

 
・デモ口座・・・実際にお金を払わなくても取引の体験が出来る。練習用として使えます。
 
 
 
【と】
・トレンド・・・相場の流れのこと。大きく分けて上昇相場・下降相場・レンジの3種類がある。
 
・トレンド系(インジケーター)・・・チャートのトレンド、つまり傾向をしめす指標。上昇方向か下落方向かの目安。主に順張りに向いていると言える。
【代表的なもの】一目均衡表、ボリンジャーバンド、移動平均線等
 
・トレンドライン・・・上昇相場であれば安値と安値を、下降相場であれば高値と高値を結んだ線。
 


スポンサードリンク




 
 

■<な>

【な】
・ナンピン・・・予想通りの相場が来なかった場合に、買い増し又は売り増しして損を減らそうという作戦。
 
 
 
 
 

■<は>

【は】
・パーフェクトオーダー・・・移動平均線の短期・中期・長期の3本が全て同じ方向に向いていること。
【上昇のパーフェクトオーダー】⇒上から順番に移動平均線が短期・中期・長期と並んでいて右肩上がり。
【下落のパーフェクトオーダー】⇒上から順番に移動平均線が長期・中期・短期と並んでいて右肩下がり。

 
・バイナリーオプション・・・価格が一定時間後に上がるか下がるかを予想する取引形態
 
はらみ線・・・前の陽線(陰線)の範囲内で陰線(陽線)が出現する組み合わせ。相場において反対の力が現れてやや戻している状態。しかし前の値を超えていないので、勢いとしてはさほど強くないと言われている。
 
・判定時間・・・バイナリーオプションの勝敗が決定する時間。エンド時間とも言われる。
 
・バンドウォーク・・・ボリンジャーバンドの±2σ、±3σラインに沿ってローソク足が並ぶ現象のことで、強いトレンドが発生したときに現れる。

 
 
 
【ひ】
ピボットライン・・・前日の値動きをもとに算出されたライン。設定等が無いので、ピボットを表示させている方は皆同じラインを見ているということになる。
 
ピンバー・・・プライスアクションの種類の1つ。実体がほとんど無く、ヒゲがとても長いローソク足。相場の「転換」の予兆を表す。
 
 
 
【ふ】
・ファンダメンタル分析・・・為替相場に関係のあるニュースや情報(例えば各国の経済指標、金融政策、要人発言など)をもとに分析をすること。
 
フィボナッチリトレースメント・・・トレンドの時、相場が休憩した場合にどこで反発されて再度上昇(または下降)を始めるかの目安となるライン。
 
フェイクセットアップ・・・レンジ相場のブレイクに失敗した後、ブレイクの反対方向に値動きを加速させた場合のプライスアクション。フェイク=偽物という意味。
 
フォールズブレイクアウト・・・過去につけた安値(または高値)を更新したが、本格的なブレイクに失敗して発生したプライスアクション。フォールズ=失敗。ブレイクアウト失敗という意味。
 
プライスアクション・・・プライス=値段 アクション=動きつまり価格の動きそのものに注目して、投資家心理を読み解き相場状況を判断していく分析方法。
 
・ブレイク/ブレイクアウト・・・過去の高値や安値を大きく超えること。「レンジ(相場)がブレイクした」等と使われる。
 
 
 
【へ】
・ペイアウト・・・払い戻しのこと。主に「率」で表される。例えばペイアウト率1.88倍、1000円で取引した場合1,880円が戻ってくる。
 
平均足・・・見た目はローソク足に似ている。
始値⇒前の足の始値、終値の中心
終値⇒始値、終値、高値、安値の平均値
となる。要は「平均的に相場の流れを慣らした」感じ。
 
 
 
【ほ】
・ボラティリティ・・・価格の値動きの大きさのこと。「ボラ」とも呼ばれる。
 
ボリンジャーバンド・・・移動平均線とその標準偏差で構成されたトレンド系のテクニカル分析。相場の値動きが緩やかになるとバンドが狭くなり、激しくなると拡大するという特徴がある。
 
 
 
 
 

■<ま>

【ま】
マーチンゲール法・・・負けたら次の取引で、前回の倍の金額でエントリーすること。
 
MACD・・・トレンド系としてもオシレーター系としても使えるテクニカル分析。
【トレンド系テクニカル分析】⇒MACDが0より上なら上昇トレンド。下なら下落トレンド。
【オシレーター系テクニカル分析】
上昇している時にMACDとシグナルがクロス⇒売りシグナル(LOWエントリー)
下落している時にMACDとシグナルがクロス⇒買いシグナル(HIGHエントリー)の目安となる。
 
 
 
【も】
・戻り売り・・・チャートが下降している局面で、一時的に上がったタイミングを見計らって売りの注文を入れること。(LOWエントリー)
 
戻り高値・・・直近最安値の1つ前に位置する高値のこと。
 
 
 
 
 

■<や>

【よ】
・陽線・・・ローソク足の種類。安く始まって高く終わると(始値<終値)「陽線」になる。

 
 
 
 
 

■<ら>

【ら】
ランウェイ・・・プライスアクションの種類の1つ。トレンドの発生、継続を表す。ランウェイアップ・ランウェイダウンがある。
 
 
 
【れ】
レジスタンスライン・・・別名「上値抵抗線」。相場の高値同士を結んだ線。
 
・レンジ相場・・・一定の高値と安値の間におさまって上下動を繰り返す相場のこと。

 
 
 
【ろ】
ローソク足・・・一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したもの。

 
 
 

終わりに

まだまだ今後追記していく予定です。
お読みくださりありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています。

FXバイナリーオプションランキング
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村